FC2ブログ
仕事でフィリピンに住んだ為に、人格形成に支障をきたしている馬鹿なオヤジの独り言です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、滞在したホテルは最初の3日間は会社が契約しているホテルでした。
毎月、事務所に集金に来るので「夜のお供」を連れて帰り難い状況でした。
後半3日間は、ゲストがマカティのホテルに滞在すると言う事で私も移動しました。
場所はブエンディア通りの一本横の通りあり、リトル東京の前にあるヘラルドスイーツの姉妹ホテルです。
ここは初めて利用するのですが、昔ヘラルドをよく利用していたのでその流れで交渉をして安く泊まれました。スタンダードの料金でデラックスルームでの宿泊となりました。
このホテルはまだ新しいようで内装も綺麗です。
日本人の宿泊も多いようで日本語もかなり使えます。
白を貴重にした部屋は清潔感も有り、ご覧のように広いです。
hotelhotel3
日頃、ソゴーやビクトリアコートに慣れている御商売の娘さんも喜んでいました。
バスダブは勿論付いており、お湯の出は申し分ありませんでした。
hotel1
その隣には、2人でも十分入れるガラス張りのシャワールームがあります。
今回、湯船にお湯を張ってくれた御商売の娘さんはエドサの体育館からおいでになりました。

色々な話をしていたのですが、面白い話が聞けました。
やはりお客は日本人が一番だそうです。
1、明朗会計 (さすが日本人です、値切るどころか余分にくれる)
2、凹の負担が少ない (さすが日本人です、小さいのでスムース挿入)
3、早い (さすが日本人です、仕事はテキパキとこなします)

反対に嫌いな客一位は、○国の方と言っています。
1、時価精算 (さすがです、終わってから値切る)
2、凹の負担が大きい (さすがです、小さいですが3発4発当たり前)
3、臭い (さすがです、毎日食べてますから)
この娘さんもショート3発で黄色い紙一枚の時は、泣いて帰ったそうです。
そんな話を聞いて余分に支払う優しい日本人がここにもいます(笑

翌日は、素人の娘さん?も泊まりに来ました。
地方に行っていた為プロバイダーとの相性が悪いのか写真がアップが出来ず、ブログの更新が出来ませんでした。
ようやく写真がアップ出来ましたので再開します。

さて今宵は、ブラカンからYちゃんが訪ねてきました。
Yチャン
1年ぐらい前までは、パサイのカラオケに務めていました。
今は、田舎のブラカンでお姉さんの子守をしています。
お姉さんの子供と言っていますが、怪しいです(笑

この日は、友人のY君の車でYちゃんをロビンソンで拾い飯を食いに行きました。
マニラの焼肉屋で飯を食った後、どうするか考えます。
Yちゃんが、友達の勤めているカラオケに行きたいと言います。
「じゃあ、そこに行こう」という事になりマカティに向かいます。

カラオケ店に入り指名したのは、Jちゃんです。
Jちゃん
このJちゃんは、巨乳ではないですが乗りが良さそうだったので選びました。
スケベ話も問題無く、楽しく会話をしようとしますが、横からYちゃんがJちゃんに「MILOはスケベだから気をつけろ」とか「パロパロで沢山女がいる」とかアドバイスをするのでどうも調子が上がりません。
どうしたものかと思っているとショータイムになりました。
一通りダンスが終わると舞台が暗くなります。
そして始まったのがファイヤーダンスです。
ファイアーショー  ファイヤーショー1
色々なショーを見てきましたがこのスタイルは始めてです。
天井に届きそうな勢いで火を回しています。
ショーも盛り上がって来ています。

この勢いで、こっちのショータイムも開始です。
JJ
小ぶりの胸ですがウトンはツンと上向きです。
いじるとコリッと簡単に硬くなりました。
「バサになったか?」と聞くと笑いながら「まだ大丈夫」とJちゃんが答えました。
「本当か?」と確認の為にスカートの中を見ると私に大好きなレースのパンティでした。
黒レースも白レースも好きな私の為にあるパンティです。

その様子を横で見ていたYちゃんが、顔を横に振りながら呆れかえっていました。
時間が来たのでこの店を後にします。
Yちゃんには、ここで帰ってもらいました。

さて次はどこに行こうかな・・・・
今宵は、日本からのゲストと一緒です。

やって来たのは、マカティのカラオケです。
この店も私のフィリピンデビュー当時色々とPナにお世話になった所です。
いや、やはりお世話をしたお店です(笑

私とゲスト2人でお店に入ります。
去年、新しいオーナーになり内装も改装され綺麗になっています。
前は喫煙ルームが有ったのですが今は無くなっています。
ショーアップで女の子を選びます。
私が選んだのは、褐色の肌のKちゃんです。
K
ちょっと二の腕が太いですが笑顔が可愛かったので選びました。

今夜は、ゲストもいるので大人しくしていようと思っていたのですが、そのゲストが「テキーラ飲もう」と言い出しました。
最初はLDの事だと思っていたのですが、「ボトルで持って来い」という事でした。
早速、悪魔の飲み物が準備されます。
何かゲームをして罰として飲ませるのかと思いきや「全員で乾杯をする」とゲストが言い出しました。
今日のこの店の払いはこのゲストなので仕方なく付き合います。
「乾杯!」の合図で全員で飲みます。
飲み干すと「ふ~っ」とつい声が出てしまいます。
何回か全員でテキーラの乾杯をしているうちに、ボトル3本目。
理性がどこかに飛んでいくのが分かると同時にカメラマン魂に火がついてしまいました。

カメラ片手に「Kちゃん、セクシーポーズして」というとポーズをとってくれます。
K1
なんか誘っているようにも見えます。
その姿を見たゲストも「このMちゃんも写真撮ってくれ」と言い出しました。
膝の上にPナを乗せ嬉しそうなゲストとのツーショットです。
写す瞬間、スカートをヒラリと持ち上げています。
M
頼んでもいないのに撮影助手をしてくれます。
テキーラとカメラのストロボでPナ達は、ハイモードになってきました。

「Kちゃん、ポーズとって」というと立膝でポーズをとります。
M2
「う~ん」いまいち納得できません。
「足広げて」とリクエストをすると「オポ」と素直に足を広げます。
M1
なんか自由自在にポーズをとってくれます。

「テキーラ君、ありがとう!」と心で思いました。
「悪魔の飲み物」だと思ったことを訂正し「天使の飲み物」と命名します。

勢いが付いた私はKちゃんとMちゃんに色々なポーズをとらせます。
はい、笑って~

イイよ~、その顔~

綺麗だよ~

ここから先の撮影は自主規制で終了。
この先の素敵な事は目に焼きついています(笑

次の日、頭痛と胃痛でやっぱりテキーラは「悪魔の飲み物」だと痛感しました。
続いてやってきたのは、マカティにある老舗のカラオケです。
この店は、私がフィリピンに転勤してきた当初お世話になったお店です。
右も左も分からない純情な私に、優しくカラオケの楽しみ方を教えてくれた店です。
今、考えればお世話になったというよりお世話したと言う方が正しいかもしれません(笑

このお店に入る気はなかったのですが、偶然そのお店の近くの露天売りでタバコを買おうと思い立ち止まりました。
すると「MILOさん!」と私の名前を呼ぶ声が聞こえます。
振り返るとそのカラオケのガードです。
約3年ぶりですがそのカラオケのガードが私を覚えていました。
ガードが「お久しぶりです。日本に帰っていたのですか?」と問いかけてきました。
面倒くさいので適当に「3年ぶりのフィリピンです」と答えておきました。
するとガードが「今日はランジェリーデイです。どうですか?」と言います。
「ん?・・・・・・・・・・・」ランジェリーの言葉に簡単に負けた私はドアをガードに開けてもらいます。
一歩お店に踏み入れた瞬間、当時頼まれれば「良いよ」と何杯もLDを出していた完全な大鴨であった悪夢が蘇ってきました。
しかし、久しぶりなので当時のようにLD出してもいいかと腹をくくりました。

お店に入るといきなり「お久しぶり」と声をかける輩がいます。
ドキッ!「いきなりかよ」と思いつつ声の主を見ると、店のスタッフの1人でした。
そのスタッフは、私をテーブルに案内してくれました。
「昔からのPナはいるの?」とスタッフに聞くと「ほとんどいないと思う」と答えが返ってきました。
ちょっと安心になりました。
そして話し相手を探しにウェイティングしているPナ達を選びに行きます。

20数人のPナが私を見つめます。
まず「マリボは手を上げて」と言ってみます。
ほとんどのPナが「は~い」と手を上げます。
しかし偏屈者の私は、手を上げていな娘を見つめます。
見つめられたPナ達は目線をそらします。
「決めた!」と手を上げていないPナの中から1人の子AKちゃんを選びました。
AKちゃん

なんか見た事あるなと思いAKちゃんに「私を見た事ある?」と聞くと、うなずきます。
AKちゃんは「貴方は、Jちゃんの恋人でしょ」と言います。
「えっ!」よりによって昔を知っている娘を指名してしまいました(笑
よく聞くとJちゃんと仲が良いようです。
今は、関係ない事を説明して私がフィリピンにいる事は内緒にするようにお願いしました。
絶対ばれると思いますが、今を大事にして楽しむ事にします。

本日は、ランジェリーデイと言う事でシースルーのスリップと下着姿です。
AK 1  AK2

他のPナも黒のメッシュのスリップに赤のTバックとかのセクシー系も沢山いたのですが、私の趣味として極普通の自然感が好きです。
パンツもスリップとの相性が非常によく生活感を出しています。
昭和時代のオヤジにとっては青春時代を思い起こさせます。
>AK4

私の過去のとても言えない痛さ話に会話が盛り上がりました。
2人だけの同窓会でした。

ちなみにこのお店曜日によって学生服や白衣の日も有るようです。

さて次はどこに行こうかな・・・・・・
カラオケーナである限り見えない所にも気を掛けなければなりません。
スカートの中のチェックに入ろうとしているとウェイティングのPナ達が相変わらず笑っています。
その中の1人のPナが、「この娘も新しい」と指を指します。
そのPナを見ると嫌がっているのか目線を逸らせます。
しか~し、そんな事は全く問題ないです。
こっちに来るように手招きすると観念したのか私のテーブルにやってきました。
名前はAちゃんという26歳で2人の子持ち、此処で働くようになって2ヶ月です。
A子ちゃん
昔、日本に2回行ったことがあるベテランです。
日本から帰ってからは、田舎のバタンガスで暮らしていたようですがミルク代を稼ぎに働き出したと言っていました。

そして教育の続きを始めます。
「Yちゃん、今日はどんなパンツ?」というと「どうぞ」とスカートをたくし上げます。
そして「貴女達は?」とCちゃん、Aちゃんに振ると相変らず恥かしそうな顔しています。
すかさずYちゃんが指導をします。
Cちゃんはブルー色のパンツ、Aちゃんは白色のパンツでした。
「う~ん」今一セクシーさが足りないような気がしますが、まあ新人なので仕方ないかなと思いました。

そしてさらに見えない所のチェックを始めます。
「Yちゃん、毛はきちんと手入れをしていますか?」と聞くと「オポ」と言います。
「じゃあ見せて」というとパンツの上部をめくってくれます。
濃い目の毛ですが、きちんとシェーブ及びトリミングされています。
その姿にCちゃん、Aちゃんとも目を丸くしています。
「はい、次はCちゃん」と言うと恐る恐るパンツをめくります。
「おっ」大人しそうな顔に似合わず剛毛です。
形はきちんシェーブされていますがトリミングが悪いようで長い毛が多そうです。
Aちゃんに顔を向けると困った顔をしながら「私は手入れをしていません」と言いました。
これはいけません。
今後の手入れの為にもアドバイスをしなければなりません。
「大丈夫だから見せなさい」というとゆっくりとパンツをめくっていきます。
どんなジャングルが出るかと思っていましたが、期待はずれ。
薄い毛がキュートに生えています。
なるほど、手入れが必要なほど生えていなかったのでした。

一通りの教育を終え一時間目の授業が終了しました。
訪比初日の深夜徘徊の続きです。
まず、行ったのはロハスボリバード沿いのお店です。

お店に入ると懐かしい顔に混じって初めて見る娘がいました。
Cちゃん

早速呼んでみて問診開始です。
前は、スーパーの売り子をしていた24歳のCちゃんと言います。
この仕事を初めてまだ一週間だと言います。
確かに化粧も薄くケバケバしさは有りませんが、そこそこ胸も有りスケベ心に火がつきます。
診察のしがいが有ると思い隣に座らせます。

なぜか他の娘達が此方を見て笑っています。
何を笑っているのは分からずよく知っている先日登場のYちゃんを呼びました。
俺「何で笑っているの?」
Y「また、新人をかまって遊ぶんだろうと皆で笑っていました」
俺「失礼な事を言うな!遊びじゃ無いよ。愛なの」
Y「残念な、この子は、スケベじゃないよ。真面目」
俺「本当?じゃあ教育しようかな」
Y「えっ教育?先生、誰?」
先生は俺でYちゃんは模範生徒という設定で新人教育開始です。

俺「Cちゃん、今から私や先輩のYちゃんの言う事を聞くんだよ」
C「なんでですか?」
俺「カラオケの仕事よく分からないでしょ?」
C「まだ分からない事が沢山有ります」
俺「色々なお客もいるから教えてあげる」
C「分かりました」
さすが新人です。緊張気味ではありますが素直に聞いてくれそうです。
他愛も無い話をしながら徐々に緊張をほぐしていきます。

Cちゃんに笑顔が出てきたところで本格的教育が始まります。
俺「Yちゃん、ウトン見たいな」
Y「良いよ」
と笑顔でYちゃんは、おもむろにポロンと飛び出します。
このYちゃん、今まで指名した事はありませんが日頃私の行動をよく見ていたようです(笑
「いつかは、自分の番が来ると覚悟していた」と言っていました(爆

さて次は、Cちゃんの番です。
俺「さあ、逝ってみよう!」と掛け声をかけます。
しかし、さすがに「え~っ」という顔でこちらを見ています。
そこで先輩Yちゃんがなにやらタガログ語で話しかけます。
すると観念したように、ブラジャーを自分の手で下げます。

綺麗なピンク色のポッチが現れました。
「綺麗だね」と言うとニコッと笑いました。
彼女も一人前のカラオケーナに一歩近づいたのでしょう。

そして仕事熱心なMILO先生は、もう一歩新人教育を進めます。
きちんとセクシーなパンツを履いているのか確認をし始めるのでした。

続く
日本に帰って来ました。
今、関空から新大阪に向かっているはるかの中です。

フィリピンで深夜徘徊シリーズの続きをアップしようと思っていたのですが、なにぶんにも深夜徘徊癖がひどくて写真の修整等の時間がありませんでした。
日本に帰って深夜徘徊癖も治まると思います(笑
ナイス
先日のこの山の持ち主は、非常に高い
土手の持ち主でもあります。
全体的にはグラマーな体ですが、かなりふっくらとしています。
深夜徘徊の爺さんは、中がどうなっているか気になって仕方がなくなっていました。

バッテリー切れなので続きます。
Pナは狙った獲物に常に目を光らしているようです。

日本に仕事のベースを移した当初、数人のPナから頻繁にミスコールが入っていました。
最初のうちは、時々電話をしていたのですが何かの拍子に「問題ある」の言葉が出てきます。
口癖と言えば口癖なんでしょうが鬱陶しくなって此方からは全く電話をしなくなりました。
当分はミスコールは続いたんですが、その数は減ってきて一ヶ月後にはほとんど無くなりました。

今回の訪比は、過去のしがらみは無くなり全く新たな気持ちで望めると思っていました。
しかしそれは甘かったです。
訪比当日の内にミスコールがあり、間髪いれずにテキストが送られてきました。
その内容は「元気ですか?今何処にいる?」といったものが多かったです。
「なんでフィリピンにいるのが分かったか」と返信すると毎日ミスコールはしていたようです。
潜水艦が見えない敵を探すのにピンガーを撃ち、獲物の位置が分かったら魚雷を発射という感じでしょうか。
このまま無視でも良かったのですが、毎日ミスコールしていた努力に対して敬意を表し返信はしました。
でも内容は「忙しいから逢えない」という内容です(笑

ミスコール&テキストの探索は初日に4件、翌日に2件受けたのですがその中に知らない番号が2件ありました。

その1件は、A美ちゃんでした。
「何で番号が違うの?」と聞くと「携帯電話無くなった」と言います。
元々天然が入っている娘なんで本当に無くなった可能性はありますが、間違いなく質屋に入っているのでしょうね。
そして友達の携帯を借りている事を強調しています。買って欲しいのでしょうね。
何台買ってやればよいのでしょうか・・・・・・
これを恥ずかしがり屋のPナと思うのか、「ふざけるな」と思うのかは個人の自由だ~~~!(笑

もう1件は、Tちゃんからでした。
このTちゃんは、「問題ある」大好きPナで大きくない金額をお願いしてきた事が何回もあります。
いい加減面倒になって「問題ある」テキストには一切返信は無し、電話でも「問題ある」と言った瞬間に「それじゃあ」と切るような状態でした。
最後に会話したのは、去年の10月でその内容は日本に行くとか言っていました。
ミスコールの後テキストで「今、問題ないから電話頂だい」となっています(笑
それなら大丈夫と電話をしてみると「日本に行っていた」と言います。
どうやら12月から3ヶ月間日本で働いたようです。
最近フィリピンに帰ってきて、早く私に報告したくて毎日ミスコールしていたようです。
「日本で働いてお金の心配がなくなったの?」と聞くと「まだ事務所にウータンあるけど大丈夫」と元気良く返事がありました。
そして、また来月から日本に行くようです。
最後に彼女が「日本で問題あったら日本の携帯に電話するから番号頂だい」とほざいてました(笑

どうやら獲物を見つけたPナ達にとって「問題ある」の言葉は挨拶と同じような感覚で使われているようです。
今回のフィリピン出張は、仕事的にはかなり厳しい内容です。
関空でタバコを吸う姿もなにやら元気が無いです。
ナイスファッション
それでも精一杯若作りしてきました。
何といってもジーパンは、ツギハギのある流行の品でシマムラで買いました。
ついでにトレーナーも4Lコーナーで落ち着いた赤色が有ったので買いました。
帽子は、前にフィリピンに来た時、バクラランの店員に「本物だよ」勧められて買ったものです。
Pナに「ニアッテイル」「ワカイナー」と言ってもらえると思っています。
しかし今回の出張ではカラオケに行けるかどうかも分かりません。
そう考えると余計に元気が無くなってしまいます。

フィリピンに着くと早速工場に向かい、今回の重要な懸案を現地スタッフに告げます。
この工場の存続も含めた踏ん張り所です。
一通り説明をして現地スタッフだけでミーティング開始です。
その結論を明日の朝から分析する事にしました。

若作りをしても老体は隠す事が出来ません。
飛行機の疲れもあり食事をしてホテルに入りました。
このまま寝てしまうと思われました。

しかし現実は、ボケ老人の如く深夜徘徊が始まってしまいました。
その右手には、しっかりとデジカメが握られていました。
深夜に風景写真でも撮ろうというのでしょうか?

そして翌朝、デジカメのファイルを見ると綺麗な山の写真が写っていました。
今日は、夏のような良い天気です。
半袖でまったく問題ありません。
でもなんでか見苦しい渋滞です。
渋滞
電線も妙に沢山張り巡らされています。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 フィリピンで生きてます !改め ひっそりと生きてます。 all rights reserved.
プロフィール

MILO

Author:MILO
定年間近の親父の不定期ブログです。

ビール酵母でドーピング中。

記事と関係無い宣伝コメント等は、削除させて頂きます。

FC2ブログランキング

面白かったらポチッとして下さい

FC2ブログランキング

ブログ村 ランキング

清き一票を宜しくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログ村 ランキング
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。