FC2ブログ
仕事でフィリピンに住んだ為に、人格形成に支障をきたしている馬鹿なオヤジの独り言です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Oちゃんと私を載せたタクシーは、10分ほどで「ねるとんクラブ」の入っているビルに着きました。
なんとお店は、このビルの3Fから8Fまであるのです。そりゃ小姐が400人は必要だと感じました。
中を色々見たかったのですが、Oちゃんは自分の所属階に連れて行きました。

エレベーターを降りると左てに受付のようなカウンターがあったのですが、そこには寄らず直接部屋に通されました。
部屋は非常に綺麗で清潔感があります。
するとひとりの小姐(チーママかな?)がやって来て「お久し振りですね」と声を掛けてきました。
俺「・・・・?全く記憶に無いですが?」
チ「見たことありますよ」
俺「確かに数年前に何回か上海で飲んだことはあるけど、此処は初めてです」
チ「私は前に〇〇○で働いていました」
俺「知らんがな」
まあ、営業的な社交辞令のような話なんだと思いますが、極ありふれた顔でありふれたデブという事なんでしょうね(笑

そのチーママはシステムを話し始めました。客一人時間制限無しで300元とボトルのキープが必要だと言います。
ボトルの一番安いので「いいちこ」が600元。いや~高いですね。はっきり言って日本より高いです。
しかしそれでは、此処の小姐のレベルを見ることが出来ません。せっかく来たのですからあと小姐をもう一人指名する事にしてショーアップをお願いしました。
すると10数人のグループで部屋に代わる代わる入ってきます。感想は可愛い子が多すぎ。しかも日本のキャバクラと変わらないぐらいの化粧と髪型です。
選ぶのが大変でした。
そして選んだのは、みんなより一回り小さいQちゃんです。
ねるとん2
何故かと言われても単なる個人の趣味でもあり、今まで小さい子を指名して失敗は無かった経験からでした。
Qちゃんを指名したらOちゃんは服を着替えてくると言います。別に持ち帰りは決定しているので着替える必要はないのかと思いますがお店の方針にようです。Oちゃんが帰ってくるまでQちゃんを軽い診察をしてあげます。
可愛いオッパイです。ウトンの撮影は絶対ダメという事でNG。
ねるとん3

しばらくQちゃんと馬鹿話をしているとOちゃんがお店のドレスに着替えてやってきました。
ドレスの胸元から飛び出てきそうな爆乳です。
れるとん
ブラジャーも精一杯の力を振り絞って支えているようです(笑
れるとん1

それでは飲み直しということで、サイコロゲーム等をながらお酒を彼女たちにも飲ませてリラックスさせます。
この時点で『凸凹だけが目的でないよ。君たちと楽しく話がしたいのだよ』とさりげなくアピールします。
これで彼女たちが『この人は良い人だ』と勘違いをしてくれると後々の交渉が有利になります。

せっかくボトルをキープしたのですが、すでに空です(笑
「もう一本入れるか?」と聞かれましたが、当面上海に良く予定は無いのでお断りしました。
支払いを済ませOちゃんと一緒にホテルに帰りました。

私自身、酔い覚ましのジュースを飲んでもかなり酔っ払っています。夕食時に飲んだ紹興酒2本が効いています(笑
このままでは寝てしまいます。早速、作業に取り掛かることにしました。
一緒にシャワーを浴びようとしたんですが恥ずかしがって無理でした。
おもち
裸にしたその胸は予想通りの爆乳で度肝を抜かれました。
柔らかくて適度な弾力があって、せっかくですから挟んでシゴいてもらいました(笑

特別大サービスの爆乳写真は、こちら(クリック注意)です。





























油断してはいけません。そこのスケベ!食事中の方、申し訳ありません。 
とあるサイトでの頂き物のオバサンPナの写真でした(爆
上海に出張に行ってきました。上海に行くのは5年ぶりで浦東国際空港第2ターミナルを利用するのは初めてです。
第2ターミナルも第1と同じく非常にデカイと思いました。しかもそれを実感させてくれるべく同行のベトナム人が迎えの人に伝えた待ち合わせ場所は、第1ターミナルの10番出口。歩いてそこに行ったのですが十分に広さを堪能できました(笑

午後2時に本来の目的の商談は終了。ここで上海にいる弊社スタッフと合流。
日帰り予定を延長して上海の市場調査及び市民の生活を調べる事にしました。
まずは、本日の予定を決めるべく足マッサージ屋(健全)に行く事にしました。
小姐はミニスカートに胸の開いたブラウスで足をマッサージしてくれます。対面に座ればパンツが丸見え、屈めば胸の谷間が丸見えと非常によろしいお店でした。

さてミーティングの結果、普通にKTVに行って小姐を連れて帰るのは芸が無い。出来れば夕食時に品定めをして一緒に飲みに行く小姐を探す事になった。
弊社スタッフ及びその友人、はたまたマッサージの小姐まで動員して電話で該当しそうな娘を探します。
しかし条件の日本語が出来る、若い、可愛い、スタイルが良い、KTV所属でないの条件を満たすのは容易ではありませんでした。
もちろん金に糸目と付けなければ何とかなるのかもしれませんが・・・・・

結論として、KTV所属で手を打ちました。
そして我々は、夕食をするべく地元の人でいつも満席になる安くて旨いレストランに向かいました。
レストランの入り口は、湯気が勢いよくモウモウと出ているテレビなどでよく見る光景です。
何品か注文をして食べたのですが、確かに旨い。紹興酒との相性もばっちりです。
特に小龍包が名物で特に美味しかったです。しかも値段が安い1蒸篭12元から15元程度です。
上海料理小龍包

食事を始めて1時間ぐらいすると一人の小姐がやってきました。
日本語は、問題ありません。化粧も非常に薄く純な感じがします。
いろいろと話をしていると日本人と付き合っているので最後までは無理と言います。
完全な手違いが起きています(爆 お店に行けば、準備は出来ますと彼女は言います(笑

そんなこんな話をしていると1人の違う小姐がやってきました。
どうやらスタッフ達があちこちに手をまわした結果色んなルートでやって来ているようです(笑
スタッフ曰く「変だと思いました。何処にいるかとの電話が何回もありました」
結局、このレストランに3人の小姐が集合しました(笑

最初来た小姐は却下、残りの2人の中からセーターの上からでも胸の大きさがわかるOちゃんを選ぶ事にしました。
このOちゃん上海では有名なKTV「ねるとんクラブ」所属という事でした。
このKTVには小姐が400人ぐらい居ると言いそれを聞いた私は、社会科見学に「ねるとんクラブ」に行く事にしました。
残りの2人の小姐にはタクシー代を渡して分かれました。

(続く
ベトナムに帰ってきた早々、ベトナム人社長から「結婚式に出席してくれ」と要望がきた。
新郎は、我々外人部隊の専属ドライバーである。通常であれば断るのだが、このドライバーは社長の親戚でも有り社長より直接頼まれたので仕方なく承知することにした。

結婚式当日の朝6:00に会社に集合という事で私は日本人らしく5:45には会社に到着。ガードマンに門を開けてもらい中に入るとまだ誰も来ていなかった。
まあ、ここはベトナム。フィリピンにも負けないくらい時間にルーズなお国柄で有り想定内でした。
しか~し、約束の6:00になっても誰も来ません。
さすがに誰か来てもよさそうなんですが・・・・俺が時間を間違えたのかな・・・・
6;30やっと一人やってきました。6:45約半数が集合。7:00残り3名。7:15全員集合となりました。
俺に6:00集合と教えてくれた事務の子もやってきたのは7;00ぐらい。
「なんでみんな6:00に来ないの?」とその事務の子に聞くと「本当は出発時間は7:30です。7時集合でも良いのですが一時間ぐらい早めの集合時間にしないと遅れてくる人がいます」と言うのでした。
それならそうと初めから教えてください。私は日本人です(笑

やってきたマイクロバスに乗車です。
ヒュンダイ
日本では見かけることの少ない韓国「ヒュンダイ」ブランドのマイクロバスです。
ヒュンダイのイメージは「すぐ壊れる」と感じますが此処ベトナムでは沢山見かけます。トラックなども日本車よりも韓国車が多く走っています。

そしてバスに揺られる事なんと3時間半。ようやく結婚式会場に着きました。
式はすでに始まっており会場はすでに酔っ払いの姿もちらほら見えます。
新郎新婦が各テーブルを回り乾杯をして回ります。トニー谷風の新郎の親父さんも喜んでいます。
宴会
宴もたけなわになってくると生バンド演奏での歌合戦が始まります。これがまたフィリピンと同じように音程より音量重視。
下手くそが歌うと最悪です。
そうこうしているうちに客が少しづつ帰宅を始めました。日本のように万歳で締めるとかは無いようで各自勝手に帰っていきます。
そして我々も帰る事にします。何故かハイテンションになっている酔っ払いの従業員の一人が「スイミング」と言いながら泳ぐ真似をして私に笑顔を振りまいていました。
しっかりとビールやウォッカを飲まされた私はバスに乗りこむと一気に眠りに付きました。

しばらく寝ていると「うぁー!」という歓声に起こされ窓の外を見ると海が広がっています。
帰りは道が違うのかななどと思っていたんですが違いました。せっかくだから海に行こうという事になったようです(笑

そしてバスは、海水浴場の駐車場に入って行きました。
umi
砂浜に出ると何人かの男の従業員が売店で買った海パンに履き替え泳いでいます。
女の子も何人かショートパンツにTシャツ姿で海に入っていきます。
水から出ると濡れたショートパンツとTシャツで下着が完全に透けています。しかし恥ずかしがるそぶりも有りません。
なんでわざわざ海に来たのかとご機嫌斜めの私にとっては非常に心安らぐ出来事でした(笑

目の保養に気を良くした私は、みんなに御馳走する事にしました。
砂浜にある休憩所には、天秤棒を担いでシーフードを売りにおばさん達が来ます。
イカ、蟹、伊勢海老を注文しました。
調理
その場で調理が始まります。
見た感じの衛生上如何なものかとは思いますが、まあしっかり火が通っていれば大丈夫でしょう。
今まで生きていた物ばかりですから。
伊勢海老
この伊勢海老なんか1㎏10万ドン(¥500)と言っていましたが3㎏買って20万ドン(¥1000)にしてもらいました。
茹で渡り蟹や茹でイカや焼きイカなどお腹いっぱい食べました。

スケスケ鑑賞やうまい海の幸に大満足の内に家路に向かいます。
結婚式会場から約1時間という事は帰りは、約4時間半掛かるという事です。
今までバスの後ろの方に居ましたが、ベトナム人サイズの椅子の間隔で窮屈でした。そこでバス助手席の広い椅子に代わってもらいゆったりと座る事が出来ました。
ゆったり座れるのは良いのですが、ベトナムの交通事情からするとヒヤヒヤもんです。じっくりと寝る事も出来ずぼんやりと前を見ていました。

かれこれ3時間くらい経った時、ある赤信号で停車しました。
「んっ?なんか焦げ臭いな」と思い助手席の窓から外を見ると何やら煙が見えます。
道路の傍で何か燃やしているのかなと思っていました。

しかし残念ながら結果は、バスの故障でした(涙
道路の端に止めて安全のため全員バスの外に出ます。
頭によぎったのは燃えるんじゃないかでした。
修理

結局、煙の原因は右前輪のホイールベアリングの破損による加熱でした。
このまま乗っていればベアリングのオイルが熱で燃えるもしくは焼きついてロックが掛かるという事になるところでした。
ホイールベアリング
重症だな。自動車屋が来ないと無理かなと思っていたのですが、このバスの運転手修理を始めました。
なんとベアリングの予備をこの運転手を持っているのでした。
準備万端なのかしょっちゅう起きる故障で当たり前に積んでいたのかは分かりません。

結局家に着いたのは夜11時。大変な結婚式でした・・・いや海水浴でした(笑
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 フィリピンで生きてます !改め ひっそりと生きてます。 all rights reserved.
プロフィール

MILO

Author:MILO
定年間近の親父の不定期ブログです。

ビール酵母でドーピング中。

記事と関係無い宣伝コメント等は、削除させて頂きます。

FC2ブログランキング

面白かったらポチッとして下さい

FC2ブログランキング

ブログ村 ランキング

清き一票を宜しくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログ村 ランキング
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。